トマト嫌いを克服する究極の方法7選

トマト嫌いという人は少なくありません。

しかしトマトは栄養素抜群の食材。

そんなトマトを食べないのはもったいない!

と言う事で頑固なトマト嫌いも克服できる究極の方法をご紹介します。

トマト嫌いでも食べやすい料理を食べる

これは王道中の王道ですね。

そもそもトマト嫌いの人というのは味はもちろん匂いや食感に至るまでトマトというもののあらゆる要素に苦手意識を持っています。

そこでトマトの味や形がまったくわからないようにしてしまえば確実だと思います。

ほんの少しだけ隠し味程度に入れておいて徐々にトマトを増やしていけば気付けば食べられたって事になっているのではないでしょうか?

たくさんの調味料でごまかす

砂糖や塩、しょうゆやぽんず、マヨネーズなどトマトはどんな調味料にも合います。

ただトマト嫌いの人というはちょっとやそっとの調味料では効果がありません。

そこで調味料をたっぷりにしてみて下さい。

例えばトマトの欠片にマヨネーズたっぷりといった具合にしてやれば口の中はほぼマヨネーズの味でいっぱいになります。

噛まずに一瞬でツルンと飲みこむ技術を身に着ける

マジシャンが口から剣を取り出す場面を想像してみて下さい。

剣なんてとても食べられた物ではありませんが、マジシャン達はいとも簡単に食べてしまっています。

そんな感じで噛まずに味も食感もわからない早業でツルンと飲みこんでしまえば簡単に食べられますよね。

勇気を持って逃げずに立ち向かう

トマト嫌いを克服した人の中で無理やりでも食べ続けてたら食べれるようになっていたと人は少なくありません。

今では考えられませんが昔は学校の給食で出てきたものは残せないという決まりを作っていた先生もいました。

この場合、食べきるまでトマトは片付けられません。

お昼の給食なのにトマトを食べれないからといって夕方すぎても帰れないという子供もいたようです。

体罰のように感じますがこのような強制ルールがあったからこそトマト嫌いを克服した人がいるのも事実です。

どんなに嫌いでも無理やりにでも食べて続ける事で慣れていきます。

慣れていけば人間の身体は順応できるようになっているので、苦手だと感じる事も少なくなっていくはずです。

かなり大変な荒療治だと思いますがメンタルが強い人はこの方法で挑戦してみて下さい。

極限までお腹を減らしてトマトだけ食べる

限界が来るまで食事をとらず、トマトだけ食べれる状況になればトマトだって美味しく食べられるかもしれません。

極端な話しですが無人島に水とトマトだけ持って3日くらい生活してみて下さい。

3日目にはお腹ペコペコでトマトに噛り付いているかも知れませんね(笑)

空腹は究極のスパイスとも言いますし、餓死寸前ともなれば相当美味しく感じるに違いありません。

どんな状況でも頑なに拒み続ける

この記事のタイトルと反するかもしれませんが、必ずしも食べなければいけないという事はないと思います。

嫌な事から逃げるというのはイコールでダメな事だとは思いません。

自説ではありますが嫌な事でも逃げきれれば何も問題はないはずです。

多くの人は逃げ切る事ができないから困ったり苦言を呈されたりしてしまいます。

学校や職場など状況によっては食べる事を強要される場面があるかもしれませんがどんな状況になっても絶対に食べないという固い意志があれば何も問題はありません。

ちゃんと拒み続けるという覚悟がない人は他の方法でトマトを克服する事を考えて下さい。

トマトという存在をこの世から消し去る

根本的な所から考えてトマトをこの世の中から消し去ってしまえば食べないといけない状況がなくなります。

必然的に食事に使われなくなるので、外食してもトマトが入ってるかどうか気にする必要がなくなります。

日本を共産主義にして独裁政治を行いトマトを日本で禁止するだけの簡単な方法でトマトを食べなくて済むようになります。

他にはトマトだけ死滅するウイルス的なものを作ってばら撒くとかいくらでも手段はありそうですね。

おまけ

トマトを克服しなくても簡単にトマト成分を摂取できる素敵なサプリメントです。

小さいカプセルなので、パッと飲めてトマトが苦手な人でも問題ありません。

トマト嫌いだけどトマトの栄養素は摂取したいという人はお試し下さい。

関連記事一覧

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PAGE TOP