トマトで血液サラサラ

トマトで血液サラサラ

生活習慣病の予防に効果の期待できる栄養素が豊富なトマトですが、血液サラサラ効果もバッチリ!

ちょっと調べた限りの情報ではこんな良いことばかり書いてあると思います。

そんな情報に踊らされてはいけません。

ちゃんと証明されている情報を調べて自分なりにトマト(リコピン)で血液がサラサラになるかどうか言及しますので、トマト大好きな方は参考にご覧ください。

コレステロールとリコピン

まず初めに言及しておかないといけないのがコレステロールに働きかけるリコピンについて。

血液にコレステロールが含まれているとドロドロになるイメージがありますが、リコピンはその血液中のリコピンに作用してくれるそうです。←ここまではまず間違いありません。

そしてトマトに含まれるリコピンは抗酸化力に優れており血液中のコレステロールかドロドロになるのを予防してくれるそうですが血液に影響があるからと言って必ずしも血液がサラサラになるわけではないってことです。

というのもリコピンがあることでコレステロールをある基準まで下げる効能が医学的にも証明されてはいるみたいですがコレステロールがあると血液に悪影響があるというのは賛否両論みたい。←ここ重要です!

トマトが血液をサラサラにするかどうかはわからない

頭の良い人たちが研究したり議論しても答えが出ていないのであれば素人では全くわからないというのが自分の見解です。

マイナスイオンなどがいい例ですが、医学的にはっきり証明されていないものを大々的に「効能がある」っぽく表現されていることは珍しくありません。

マイナスイオンに関して言えば、一部の論文で効果があるかもしれないなくらいに書かれたことを企業がこぞって猛アピールしたのが始まりです。

企業がそういう旨の論文を書けって頼んだって考える方が自然かも

自分なりにコレステロールと血液の関係性について調べてみましたが総コレステロールの値と健康状態は必ずも比例するわけではないようです。

様々な論文など見てみましたが正しいかどうかはわかりません。

極論!トマトは血液に良い影響を与えるのでは?

結局トマトが血液をサラサラにするというのはわかりません。

とはいえ血液中のコレステロールに影響を与えることは事実です。

それが良いことなのか悪いことなのかの判断も正直わかりませんが、何だかんだ言ってコレステロール値が一定の基準を保っている方が理想的なの気がします。

そんなわけで極論を言えば、リコピンがコレステロールに働きかける事で良い影響を与える可能性があるというは間違いないでしょう。

可能性の話なら何を食べても可能性はあるような気がしますが

結局の所はトマトだけに頼るのではなく運動したり普段の食生活も含めて意識した方が良さそうですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PAGE TOP