Start content

トマトの栄養は美容、ダイエット生活習慣病に

トマトはリコピンやビタミンCなどあらゆる栄養素が含まれた優秀な食べ物です。
美肌や美白に効果があるのは有名ですが近年では生活習慣病にも効果があると言われています。
そんなトマトの栄養やトマトを使った美容、ダイエット方法などをご紹介します。
トマトの栄養素を毎日摂取して、健康な身体を目指しましょう!

限定特別モニターコースがお得!循環トマトJ

トマトの成分を凝縮した循環トマトJは効率良くトマトの栄養素を摂取できます
1日たったの1粒飲むだけ!1日およそ30円から始めるトマト生活で生活習慣の改善をしてみませんか?
今なら通常料金5980円が初回限定980円でとってもお得にお試しできます!

トマトの栄養素はどんな効果があるのか?

トマトは美肌や美白、ダイエットや生活習慣病などに効果がありますが
具体的にどのような成分がどう身体に影響するのか詳しく知っている人は多くないと思います。
トマトの栄養素と身体への影響を知ることで美容効果や健康に効果的!
素晴らしいトマトの栄養素を効率良く摂取すれば荒れた生活習慣とおさらばできますよ!

トマトダイエット

トマトダイエットはトマトを使ったダイエット方法です。色々なダイエットに挑戦してきたけど、上手くいかない・・・そんな方におすすめ!誰でも簡単にトマトダイエットを実践できる方法をご紹介します。

詳細を見る

トマト美容効果

輝くような白い肌、キメの細かい美しい肌。これらは女性にとって憧れです。独自の観点からトマトの美容効果を徹底解析!より綺麗になるためのトマトの美容効果についてはこちらをご覧下さい。

詳細を見る

トマト血液サラサラ

トマトを食べると血液がサラサラになると言われていますが、リコピンが血液中のコレステロールに影響を及ぼすから血液がサラサラになる言われています。医学的な根拠を調査して独自の観点で言及します。

詳細を見る

トマトは本当に優秀な食材です。

トマトの効能

血液をサラサラにすることで生活習慣病予防をしたり、紫外線を悪影響を緩和して日焼防止や美肌に近づけたり。
子供の喘息改善などあらゆる効能が確認されています。そんなトマトの素晴らしい効能や効果をご紹介します。
またおすすめのトマトサプリメントの情報も徹底解析!トマトサプリメントをお探しの方は参考にして下さい。
ストレスや乱れた食生活からくる身体の不調をトマトの栄養素で改善しましょう!

  1. 生活習慣病予防

    動脈硬化を抑えたりとトマトを食べれば生活習慣病を予防する事ができます!

  2. トマト喘息改善

    トマトを毎日食べた場合の驚きの研究結果が明らかに!薬物治療も良いけどトマトで喘息改善!

  3. トマト美白

    トマトを食べると美白になると言われているメカニズム

  4. トマト美肌

    トマトに含まれるビタミンCやリコピンで美肌に一歩近づく!

特許製法で作られた循環トマトJの秘密

循環トマトJはfruitlowが含まれた特別なサプリメントです。
fruitlowというのは世界的に有名なビタミンメーカーDSM社という所が開発したトマトにしかない原料成分の名前です。
他社では真似できない特殊な方法によって、トマトの栄養素を無駄なく抽出できるためトマト数十個の成分がたっぷり入っているのが特徴です。
fruitlowに含まれるトマト果汁の成分は数多くありますが、近年注目を集めている成分を3つご紹介します。
循環トマトJをご購入をご検討の方は参考にして下さい。

核酸

あまり馴染みのない成分かもしれませんが、人には絶対に必要な成分の一つが核酸です。どんな人でも細胞の中にある必須成分ですが成人を迎えたあたりをピークにどんどん減少してまう事に。減少していく核酸を、補う事で身体の内面から健康体に近づく可能性を高めます。
【核酸の成分】グアノシン、アデノシン、ウリジン、シチジン

フラボノイド

多くの美容系のサプリメントにも含まれている事から美容効果に期待できる成分として周知されていますが健康を維持するのに重要な成分でもあります。また老化防止に期待できる抗酸化作用や生活習慣病である糖尿病予防にも効果的とされ、ここ数年で注目を集めている成分です。
【フラボノイドの成分】ルチン、ケンフェロール、ナリジン、ケルセチン、ナリンゲニン、フラボノイドグリコシド

フェノール酸

コーヒーなどに含まれる抗酸化作用をはじめ脂肪の吸収を抑えたり、脳機能改善などの効能にも期待できる成分です。まだ研究段階ではありますが初期型のアルツハイマー病にも活用が見込めるとして注目されています。ダイエットや生活習慣病予防など幅広い効果がある成分ですね。
【フェノール酸の成分】カフェ酸、クロロゲン酸、フェルラ酸、安息香酸(あんそくこうさん)、ケイ皮酸、P-クマル酸、フェノール酸グリコシド

トマト美白

トマトを食べると美白になると言われているメカニズム

詳細を見る

トマト喘息改善

トマトを毎日食べた場合の驚きの研究結果が明らかに!薬物治療も良いけどトマトで喘息改善!

詳細を見る

生活習慣病予防

動脈硬化を抑えたりとトマトを食べれば生活習慣病を予防する事ができます!

詳細を見る

トマト美肌

トマトに含まれるビタミンCやリコピンで美肌に一歩近づく!

詳細を見る

トマトについての雑学

トマトはもともと、南アメリカのアンデス山脈にあった野生種でした。それが欧州に伝わたりあらゆる地域に流通したと言われています。その真っ赤な見た目から毒があると思われていたため、初めは食用ではなく観賞用として広まったそうですよ。とっても美味しいトマトなのになんとももったいない話ですね。和名では赤茄子(あかなす)、蕃茄(ばんか)とも呼ばれます。漢字で書くと小金瓜と書くそうです。

トマトの栽培について

日本では夏の植物として知られていますが、熱帯地域では年中栽培されており1年を通して収穫できるそうです。一般的な栽培品種だと、発芽した後に本葉が8葉、9葉目に花房が付くとされています。それからはおおよそ3葉付く事に花房が付いてきます。地這栽培をするトマトの品種は2葉毎に花房を付けるタイプも珍しくありません。それぞれの節位から側枝ができ、側枝の5葉、6葉目に花房がつきます。誤った栽培方法だった場合、花房が正常につかなくなる事もあるため、しっかり栽培できるているかどうかの目安として覚えておくと良いかもしれません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PAGE TOP